化粧品中の遊離ホルムアルデヒドを化粧品安全技術仕様書(2015年版)(2019年12号)に検出するための9試験方法に関する発表

※2019年3月22日に公開

国家医薬品局は、化粧品中の遊離ホルムアルデヒドの検出のための製図法を組織しました化粧品の化学原料のためのin vitroウサギ角膜上皮細胞の短期暴露試験皮膚アレルギー:局所リンパ節検査:DA。皮膚アレルギー反応:局所リンパ節試験:BrdU-ELISA「化粧品化学物質のin vitro皮膚アレルギー:直接ペプチド反応試験」「化粧品中のカンタリジンおよびナイトロジェンマスタードの検出方法」「化粧品中の10種類のα-ヒドロキシ酸の検出方法」「細菌の復帰突然変異「ターミナルテスト」の合計9つのテスト方法は、化粧品標準に関する専門委員会の本会議でレビューおよび承認され、現在公開されています。そのうち、最初の5つの試験方法は「化粧品安全技術仕様(2015年版)」に含まれる新しい試験方法です(詳細については付録1を参照)。最後の4つの試験方法は、「化粧品の安全技術仕様(2015)」に代わる改訂試験方法です。年版の元のテスト方法)(詳細については付録1を参照)。

2020年1月1日から、化粧品の登録、提出、監督および検査の試験方法は、この通知で発行された試験方法を使用するものとします。

ここで発表します。

 

添付:
1.化粧品関連検査方法の改訂および改訂表
2.化粧品中の遊離ホルムアルデヒドの検出方法
3.化粧品用化学原料中のウサギ角膜上皮細胞の短期暴露試験
4.皮膚アレルギー:局所リンパ節検査:DA
5.皮膚アレルギー反応:局所リンパ節検査:BrdU-ELISA
6.化粧品化学原料in vitro皮膚アレルギー:直接ペプチド反応検査
7.化粧品中のカンタリジンおよびナイトロジェンマスタードの検出方法
8.化粧品中の10種類のα-ヒドロキシ酸の検出方法
9.細菌の復帰突然変異試験
10.催奇形性試験

 

州食品医薬品局

2019年3月13日

http://www.nmpa.gov.cn/WS04/CL2138/335845.html

最近の記事

  1. テスト投稿③

    2019.09.17

  2. テスト投稿②

    2019.09.17

  3. テスト投稿①

    2019.09.17

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP