一般化粧品とは?

備案申請(届出制)が認められており、販売までの時間が短縮されます。

一般化粧品の例

  • ヘアケア用品
  • スキンケア
  • メイクアップ用品
  • ネイルケア
  • 芳香剤等
  • シャンプー・ボディーソープなどの洗浄清潔を目的にするもの
  • 美容液・ファンデーション・ネイル・アイラインなどケアとメイクを目的とした化粧品

備案申請とは?

一般化粧品(非特殊用途化粧品)は、事前許可制度から事後許可制度に変更になり書類審査で問題なければ本審査結果前に商品の販売ができる申請方式。

 

申請の流れ

  • 事前相談
  • 代行契約
  • 申請資料準備
  • 在華責任会社登録
  • サンプル検査
  • NMPA形式検査
  •  
     
  • 備案番号発表
  • 販売開始
  • 申請資料審査
  • NMPA承認
  1. 事前相談
  2. 代行契約
  3. 申請資料準備
  4. 在華責任会社登録
  5. サンプル検査
  6. NMPA形式検査
  7. 備案番号発表
  8. 販売開始
  9. 申請資料審査
  10. NMPA承認

 

申請書類

  1. 中国語の製品名
  2. 製品パッケージデーター(製品ラベル、製品マニュアル含む)
  3. 成分関連資料(配合量、配合割合等)
  4. 品質安全管理証明
  5. 危険性分の安全評価資料
  6. 生産工程図及び説明
  7. 自由販売証明書(日本化粧品工業連合会)
  8. 製品サンプル
  9. OEM製品の場合は委託先の資料も必要になります。
  10. その他製品の登録審査評価関連資料

製品および製品カテゴリに応じて、適切な申請書類を作成し提出する必要があります。
説明書等の情報は実際の製品の状態と完全に一致していなければなりません。
中国で認められていない成分は対象となりません。お申し込み前に事前チェックを承ります。

PAGE TOP